ナイツとかダニエルディフェンスとかM4はどれがいい?

M4は種類が多すぎてわからない、どれがいいの?

画像元:ウィキペディア

サバゲーをする人の多くがM4を使ったことがあるだろう。

しかし実際に電動ガンを購入しようと思ったときに、CQB-R、SOPMODなど実に多くの種類が存在する。

初心者の人や、そこまで銃にこだわりや知識のない人からすれば、結局どこが違うの?ということになる。

細かい違いや、その銃が生まれるまでのことはウィキペディアなどで見れるので、今回はざっくりとした実戦サバゲーでの用途と趣味的な話をしていこう。

結局は長いM4か短いM4か

ここではサバゲーで使うのにどの銃を選んだらいいか、初心者の人に向けて簡単に書いていきたいと思う。

ということであくまでも「どれでもいいんだけど、どの銃がおすすめ?」という人向けなので銃の知識がある人のツッコミは控えて頂きたい・・・

実際のサバゲーでプレイスタイルがまず分岐点となる。

もちろんフィールドで大きく分かれるのが、狭いところで銃を取りまわすかどうかがポイントとなる。

もともとM4カービンはM16A2アサルトライフルの全長を短縮し軽量化したものなので、基本的にはアサルトライフルの中ではコンパクトな銃ということになるが、その中でもCQBRに関しては取り回しが非常によく人気も高い。

CQBRは「Close Quarter Battle Receiver」の略で、直訳すると「近接戦闘用レシーバー」という意味なので、その字の通り接近戦用M4ということになる。

CQBR本来の存在

CQBRは本来アッパーレシーバーのみの存在であったが、現在ではCQBRを装着したカービン銃自体を指して「CQBR」と呼ぶことも多い。

実銃でのSOPMOD、CQBRと電動ガン

実銃のM4と電動ガンでは歴史が違う。

というのは、実銃では改良に改良が加えられ、進化したものが通常の次の世代の銃となる。

しかし、電動ガンの世界では内部構造が同じであったりするため、実銃ほど差が無かったりするわけだ。

つまりは例えば電動ガンでCQBRを買うのとSOPMODを買うので、どちらが性能が上か?と聞かれるとしたら、私なら端的な回答なら「大差ない」と答えるだろう。

結局は画像検索などしてもらって、かっこいいなと思うほうを選ぶのが良いのではないだろうか。

ただし、画像検索ではカスタムをしている銃が多く上がってくるので、外装パーツなどがそのままつくとは限らないことも理解してほしい。

それはあくまでも「目標とする形」なので、購入後にそれを目指すことになる。

箱出しの状態が確認したければ東京マルイなどのメーカーページで確認したほうが良いだろう。

M4に関する知識や見た目でそのうちにナイツがかっこいいとか、ダニエルディフェンスがいいねとか出てくるだろうが、まずは最初は自分が見てかっこいいか、という基準でよいのではないだろうか。

The following two tabs change content below.
さばこみ管理局 のプロフィール写真

さばこみ管理局

さばこみ管理局。サバゲーイベント情報、定例会、エアガンショップのセールなどを紹介。