サバゲー ゲームの種類と遊び方



サバイバルゲームのゲーム種類

サバゲーにはゲームの種類がいくつもある。

大きく分けると、フラッグダウンや大将ダウンなどの一つの目的を達成すると勝ちのものと、相手を全滅させるという2つになる。

ちなみにフラッグダウンとは相手陣地にあるブザーなどを押すことだ。

フラッグ戦

サバイバルゲームのゲーム種類の中で一番一般的とも言えるゲーム。

ほとんどのゲームが2つのチームに分かれ自分の陣地からスタートするという流れになる。

自分がAチームなら、Aチームフラッグの場所からBチームフラッグの方向へ攻めていく。

敵の陣地に設置した目標物(フラッグ)に向かって攻め込み、先にフラッグを奪ったチームの勝ちとなる。

当然自分のチームフラッグが落とされれば負けになるので、自陣の守備も重要となる。

復活に関して

これはほかの種類のゲームにも共通することだが、通常は一度撃たれれば死亡扱いとなり、ゲームから離脱するが、「復活あり」のルールが適応されたときは規定回数、生き返ることができる。

生き返り方は、味方に触れてもらったり、自軍フラッグへ戻って復活などいくつか方法がある。

殲滅戦(全滅戦)

フラッグ戦と同じようにスタートするが、目的がフラッグダウンではなく、敵軍の全滅というのがこのゲーム。

フラッグを取らなくてよいなら前に出ずに守ればよい、と考えがちだが、攻め上げられて敵軍に囲まれると、あっという間に全滅する。

復活戦(カウンター復活戦)

既定の回数分は復活できるゲーム。

ヒットした人は自軍フラッグに設置してある復活カウンターを押して復活できる。

制限時間を設けて、無制限復活でヒット数で競う「復活無制限カウンター戦」や、復活回数を決めてフラッグダウンを競う「2回復活フラッグ戦」などバリエーションが多数ある。

大将戦

チームで大将を一人決めて、大将を守るゲーム。
基本的には大将がやられると負けとなる。

大将のみが敵フラッグを取れる。そのため、大将を守りながら、前線に上がる必要がある。

チームワークがかなり勝敗のカギを握るゲームだ。

メディック戦

チーム内で一人、メディックと呼ばれる「復活させる係」を決める。

ヒットした人はその場でしゃがみ、動いてはいけない。「メディック!」と叫び、メディックを呼んでメディックに触ってもらうと生き返る。

ヒットした人は基本的には死体と同じ扱いなので、敵の位置を教えるなどメディックを呼ぶ以外の声は発してはならない。

メディックがやられると復活させる人がいなくなるため圧倒的に不利になる。

メディックを決めず、生きている仲間ならだれでもよいので触れば復活できるルールのものもある。

キツネ狩り

圧倒的な人数差をつけてキツネを数名決めて、それを狩るゲーム。

20人いれば、キツネ3 対 狩人17、30人いればキツネ6 対 狩人24などに分かれて、キツネが先にフィールドインして隠れる。

数分後に狩人がフィールドインしてキツネ役の人を狩る。

技術的な差や体力的な差がある人をキツネに選出しないと成立しない。

攻防戦(攻守戦)

守りと攻めを決めて、守り側は一定エリアから動けないルール。

制限時間を決めて、守りチームが全滅するかフラッグを取られたら守りチームの負け。

時間内守り切れば守りチームの勝ちである。

通常は守りはセミオート、攻めはフルオート、攻守交替して2回戦でワンセット。

ハンドガン戦

その名の通り、ハンドガンだけで戦うゲーム。

至近距離での攻防が盛り上がるゲーム。
弾数、マガジン数を決めて戦うと、考えながら撃たないといけないので面白さが増す。

※ これらのルールは一般的なものであり、フィールドなどで異なります。
サバゲーのゲーム種類は自分たちでオリジナルの遊び方を考えると、さらに楽しさは増すでしょう。



シェアする

フォローする