迷彩服の効果と種類



サバゲーで着る服の基礎知識、迷彩服について

迷彩服や軍服をBDUと呼ぶ。

これは戦闘服を英語でBattle Dress Uniformと言うので、その略語である。

上で述べた通り、戦闘服=BDUなので迷彩柄とは限らないが、ここでは迷彩服についてどんな種類があるのか、どういった迷彩効果があるのかを紹介していく。

相手から自分を見えづらくするというのが迷彩効果であるから、当然シチュエーションで選択する迷彩柄は変わってくる。

市街地、森林、砂漠地帯など、いかに背景色に溶け込ませるかが迷彩効果の発揮どころだ。
特に近年はデジタル迷彩やクリプテック柄など、従来の迷彩柄とは大きく変化を遂げている。

迷彩柄の種類で分けていくと数十種類は超える、それほど柄の多さがシチュエーションでいかに違うかを物語っている。

迷彩柄の種類と効果

ウッドランド迷彩

1981年から2006年まで、アメリカ全軍の標準的な迷彩パターンの1つとして戦闘服(BDU野戦服)等に用いられた柄で、古くからあるオーソドックスな迷彩と言ってよいだろう。

この迷彩の弱点は、柄の大きさにより遠いと丸見えになったり、近いと丸見えだったりと距離適性が柄の大きさで別れてしまうところだった。

後にデジタル迷彩が開発され、その弱点を克服する。

ピクセルカモ迷彩

使用される色合いはウッドランドと同じであるが、柄をデジタル化し、細かくすることで迷彩効果を上げたもの。

マルチカム迷彩

アメリカ陸軍などで採用されている迷彩パターン。

マルチカムを使用したアフガニスタンでのアメリカ陸軍兵士

画像元:ウィキペディア

デザート迷彩

デザート、つまり砂漠で迷彩効果を出すための柄である。

若干、緑の入ったものやデジタルのものもある。

イラク軍などが使用していたデザート迷彩。
斑点のような柄が入っていて、この柄が入ったものはチョコチップ迷彩とも呼ばれる。

クリプテック迷彩

最新とも言っていい画期的迷彩柄。蛇のウロコのような柄が特徴的。

最近ではサバゲーフィールドでもかなり着用者が増えた迷彩柄。

バリエーションも豊富で、森林に特化したマンドレイク

砂漠や市街地で活躍するノマド

暗闇で絶大な威力を発揮するタイフォン

代表的なものを3つほど上げたが、雪の中での戦いを想定した白い迷彩のイエティや、真っ青なポンタスなど、その種類は10を超える。

戦場、サバゲーだけでなく、ハンティングの世界でもクリプテック迷彩は活躍している。

 

 

細かく分けると迷彩柄は数えきれないほどある。

ざっと代表的なものを紹介したが、細かく分けていくと数えきれないほどの迷彩の種類がある。

森林と言っても木の色、土の色、葉の色は季節や場所で違うので、すべてのフィールドで迷彩効果を発揮できるような万能な迷彩柄は存在しない。

上で書いたもの以外にもかなりの数があるので名前だけご紹介しよう。

ACU迷彩、バルカン迷彩、ダックハント迷彩、ジグソウ迷彩、ウッドランド・フレック迷彩、デザート・フレック迷彩、マウンテン迷彩、フィールド迷彩、DPNU迷彩、M90迷彩、スポット迷彩、アメーバ迷彩、ワルシャワ条約機構迷彩、レインドロップパターン迷彩服、雪上迷彩

他にもまだまだあるし、同じ呼び名でも国で微妙にデザインは違っている。

このほかに、ギリースーツと呼ばれる草木を体にまとわらせた迷彩スタイルもある。

サバゲーフィールドごとの最適迷彩服は?

本当の戦場ならまだしもサバイバルゲームでの迷彩服、BDUは楽しむために着る人のほうが多いのではないか?

迷彩効果を気にしている人よりもカッコいい迷彩や気に入っているスタイルでゲームをする人が多いだろう。

例えば森林フィールドでのサバゲーでも黒でコーディネートされたSWATスタイルの人や市街地フィールドでも緑系の迷彩服を着ている人もいる。

もちろん予算的な問題もあり複数の迷彩服を持っていないというのもあるだろうが、やはりサバゲーは楽しむためのものであり、自分流のスタイルを見つけるのも楽しみの一つではないだろうか。



シェアする

フォローする