自衛隊員はサバゲーに強いのか プロのサバゲーマー

サバゲーのプロは存在するのか?

まず、プロという概念についてだが、それでお金を稼いで、それによって生計を立てている、という意味ではなく、今回は「サバゲーがプロ級にうまい」という基準で書いてゆくのでご了承を。

自衛隊員はサバゲーがうまいのか?

筆者も実際に自衛官とサバゲーをしたことが何度もある。

実体験からの感想を言わせてもらうと、まず一番感じたのがチームとしての機動力だ。

私がサバゲーをしたときは、同じチームでもやったし、敵チームにもなった。

味方チームの時に後ろからついていって、観察させてもらった時は、スリーマンセル(3人が自衛官)で無線を使用し、とにかく細かい指示があって、的確に動いていた。

うまい。へたを論じるときに銃の構え方、ヒット率などに目が行き、それをサバゲーがうまい、と判断しがちだが、実際に一緒にサバゲーをやったときに体感したのはやはり普段の訓練のたまものとして見えたチームとしての動きにすごいものがあった。

もちろん映画で見るようなハンドサインも実際に見れた。

何度か対戦しているが非常に楽しいし勉強になる。

自衛官とのサバゲーの動画

youtubeにはサバゲー動画もたくさんあるが、自衛官などとのサバゲーをピックアップしてみよう。

ということで、筆者のサバゲー動画ではないのであしからず。

海外のサバゲーは軍人だらけでヤバい

サバゲーは海外でも行われるが、国によっては規模が違う。

フィールドの広さも参加人数も違うし、そもそも銃の規定も違うので飛距離も違う。

そして、海外のサバゲーは軍人さんがたくさんいるのだ。まさにプロである。

そんな海外のサバゲーも見てみよう。

ヘリまで出てくるヤバいサバイバルゲーム

ヘリで空中から狙撃って・・もう笑うしかない。

一体いくらかけてサバゲーをしているのだろうか?

海外の動画が見たかったらAirSoftで調べよう

今回動画の紹介はこれくらいにしておくが、動画サイトでこれらのジャンルの海外版動画が見たいときは当然「サバゲー」では出てこない。

検索語は「Air Soft Game」などで探してみるとよいだろう。

The following two tabs change content below.
バレットおやじ のプロフィール写真

バレットおやじ

さばこみ編集局のバレットおやじです。友達がいなく、人からはローンサバイバーと呼ばれています。