前輪変えるだけで電動自転車になるスーパーアイテム

自転車の前タイヤを変えるだけで電動アシスト自転車

電動自転車が一般的になってずいぶん経ち、街でも見かけることが多くなった。

ものすごく高価で、お金に余裕のある人だけが乗っているイメージがあったが今はそうでもない。

そんな電動自転車に革命が起きている。

手持ちのママチャリにつけるだけで電動アシストチャリになるタイヤ

これはモーター&バッテリー付きのタイヤが製品であり、持っている自転車に取り付ければ電動アシスト自転車になってしまうという優れものアイテムだ。

製品名は「UrbaNext」

クラウドファンディングが生み出した逸品

こんな製品が開発したいんだけど、出資してくれる人はいないかな?

っていうのを集うのがクラウドファンディングというものだ。

そんなクラウドファンディングのIndiegogo(インディーゴーゴー)から生まれたのがこの製品。

60秒で電動アシスト自転車に

このアイテムの説明に「60秒であなたの自転車に革命が起きる」的なことが書いてあったので、取り付けに関しては60秒とはいかないまでもかなり簡単なものと見受けられる。

実際には前輪の交換だけでなくスロットルワイヤーやブレーキ部分など多少の取付作業、取り回しが必要となるようだが、そこまで難しいものではないだろう。

また、作業に自信がなければ自転車屋さんに持ち込んでもよいだろう。

そこまで工賃は取られないはずだ。

増加重量は約7Kg

このタイヤに取り換えることで増加する重量は約7kg

それだけ聞くと思い感じもするが、持ち上げて運んだりしない限り、車輪がついているものなので重さはほぼ感じないはずだ。

価格はおそらく日本円で3万~4万円程度。

※価格に関しては不確定である

自転車を新品で購入して取り付けてもトータルで電動アシスト自転車より安く済みそうで、なおかつ電動アシスト自転車のちょっと変わった形ではなく、普通の自転車のスタイルのまま乗れるので自由度が高い。

もちろん写真のようにママチャリじゃなくスポーツタイプの自転車にも取り付けは可能なようだ。

サイズが何インチに対応なのかはよくわからないが、どこかのサイトに

「20インチがあればなー」と書いてあったので、その時はなかったのだろう。

今は発売されているかもしれないので、興味のある人は購入サイトで調べてみてほしい。

ちなみに筆者調べの段階では企画は以下のような感じだ。

UrbanX(アーバンX)は6つのサイズ展開

24インチ
26インチ
27.5インチ
29インチ

一般的なアドオンエレクトリックオプションとは異なり、UrbanX(アーバンX)はリム/ディスクブレーキでも動作し、リムのサイズに合ったタイヤを選択可能。

パワフルなフロントドライブモーター
スタンダード240W 電子モーター: USA/EU 車両規制適応

240W モーターは最高速度が15マイル/h(15km/h)/最大距離は30マイル(48.2km)で、英国、EU、米国などの法律で合法。

ってな感じだ。

これなら

「今乗っている自転車はまだ使えるしな」と腰が重かった人たちもちょっと考えてしまうのではないだろうか?

The following two tabs change content below.
バレットおやじ のプロフィール写真

バレットおやじ

さばこみ編集局のバレットおやじです。友達がいなく、人からはローンサバイバーと呼ばれています。