サバゲーマーが銃を買い替えるタイミングとカスタム

電動ガンの性能への不満と買い替えとカスタム

電動ガン、ガスガンを使っていると、飛距離、命中精度や集団性、また、重さ、長さなどを含めた取り回しで不満や希望が湧いてくる。

そう考えたとき電動ガンをカスタムするのか、はたまた買い替えるべきなのか悩んだりするだろう。

もちろんそこには財布の事情などが大きく影響する。

画像はファーストより

各ショップでカスタム済みの銃なども販売されている。

ここと比較してしまえば、買った銃をカスタムに出すより、その銃がカスタムされているものを購入したほうが安上がりになるのは普通だろう。

銃を何丁も所有していることは「コレクター」としては全然ありだが、理想を求めながら「使わない銃」がただ増えていくだけのような無駄なお金の使い方はしたくないものだ。

これは筆者が過去に経験をしてきたからこそ言える体験談であり、他の多くの人からも同じ意見は聞いたことがあるのである。

色々といじくりまわして、お金と時間をかけて、結果、その銃は使わなくなるという悲しさ。

あくまでもコストの問題に着目していくので今回ここには「いじる楽しさ」と「経験」はあえて考え方から除外させていただく。

箱出しノーマル電動ガンは使えないのか

一般販売している電動ガンがそんなに不満になる物なのかと言ったら決してそうではない。

じゅうぶん楽しめるし、性能としても東京マルイの電動ガンなどはノーマルであろうが非常に精度もよい。

ただし、これは普通(何をもって普通と言うかはわからないが)が満足いく方たちの話であり、この業界はそうではない人が多い。

突き詰める人たちが非常に多い世界なのである。

サバゲーなどをやっているうちに、こうしたい、ああしたいが出てくるのだ。

そんな時に持っている電動ガンにどこまでお金を賭けてカスタムするかという話になってくる。

極端なことを言えばプリウスに乗っていて性能に不満を感じてスポーツカーのようにしたくなって、カーチューニングにお金をかけていってもポルシェやフェラーリにはなりえないのである。

コストで決める電動ガンカスタムの方向性

お財布事情を考えて、極力無駄のないカスタム費用で押さえたい場合の最初の基準点は「大好きな銃」があるかないかで大きく分かれる。

好きな銃、愛してやまない銃があるならば、様々な方向性や、違うバージョンのカスタムなどで、M16を極めていくなんて言うのもありである。

M4などは本当に様々な方向性があるので、下の動画のようなスタイルからCQB用のスタイルまで様々あるので楽しめるだろう。

逆に、好きな銃が定まっていない場合は、さんざんやった挙句に

「この銃じゃないな」となってしまうので

結果、使わない銃が増えていく。

ということで、好きな銃、という部分が薄い場合は多大なカスタム費用を突っ込むのはあまりお勧めはしない。

性能部分だけで判断している場合は意外と違う銃に買い替える人が多いのだ。

それを納得できる人はいいが、もったいなかったなと思うタイプの人はぜひ今一度好きな銃を考えてみてはいかがだろうか。

今まで使った総額と比較する

初心者の方には当てはまらないが、一定期間の経験がある人、複数の銃を持っている人はこれまで使った金額を改めて振り返ってもらうと

ここでケチると痛い思いをする

など経験談があるはずだ。

そのうえで以前にも書いたように筆者の選択肢はトレポンになった。

家には何丁もの使わなくなった電動ガンがある。

もちろん全部が全部、もったいなかったとは思わないが、中にはそういった類の銃もある。

たまたま行ったサバゲーで集弾性が悪かったと思っても勢いでカスタムするのではなく、自分が当たっかなータイプなのかスナイパータイプなのかなど性格や動きに沿ったカスタムをしていかないといけないのではないかと思うわけだ。

明確に方向性や好きな銃が決まっていたなら、カスタムされた銃を最初から購入するのが一番コストは安く済む。

(もちろん自分でカスタムをする人には全く違う話)

それらは東京マルイの電動ガンであっても、VFCであってもトレポンであってもカスタム銃は販売しているのでそれらのサイトもチェックしてみてほしい。

販売しているカスタム電動ガン

ちなみに東京マルイの銃のカスタムで知られるファーストなどをみても品揃えは半端じゃない。

M4系はもちろん、MP5、M16,M14、G36、G3、P90,FAMAS、AK

などなど

スナイパーライフルもPSG-1など対応しているのでマルイ派の人はぜひサイトを見に行ってほしい。

またトレポン系ならドラゴンフォースなどは、完成品カスタムトレポンの販売はもちろん

自分のチームデザインなども刻印が頼めたりもでき、カスタムの幅もかなり広い。

超軽量化などトレポンユーザーならではのマニアックな注文にも対応してくれる。

The following two tabs change content below.
バレットおやじ のプロフィール写真

バレットおやじ

さばこみ編集局のバレットおやじです。友達がいなく、人からはローンサバイバーと呼ばれています。