サバゲーマーの休暇の過ごし方と金銭価値観

サバゲーマーの他の趣味とお金の使い方

さてさて、猛暑の中、お盆である。

サバゲーマーの方々はお盆に限らず、正月、ゴールデンウィークなど長期休暇は何をしているのであろうか?

もちろんサバゲー以外の時である。

海外旅行や帰省、ただただ寝る人、様々だろう。

しかし、私の周りの人たちはやはり「そっち一色」の人が結構多い。

つまり、銃をいじったり、ショップに行ったりって感じだな。

数年前の調べでは冬に関してはスノーボードに行くからサバゲーはお休み、という人も結構多かった。

サバゲーマーのお金の価値観

強烈なミリタリーマニアやサバゲーマーと会話をしていると

「旅行に行く金があったらスコープ買うよ」

なんていうやりとりは珍しくもない。

一方、全く知らない人からしたら

BB弾撃つだけのおもちゃの銃に何十万? は?

ってなことになる。

これは車であろうが時計であろうが同じことで、趣味の世界の金銭価値観なので

単純に金額の比較では正解、不正解など答えは出ない。

いや、答えなんていう そんなものは存在しないのである。

そして車や時計と同じように、サバゲーグッズ、ミリタリーアイテムでも同じように見えても金額はピンキリで、どれが高くて、どれが安いかということさえサバゲーマーの中でも金銭価値は異なるのである。

実際にサバゲーグッズの様々なものの価格帯はどんな感じで、高いから何なんだというのを見てみよう。

電動ガン用スコープの価格帯

サバゲーで使うスコープは安いもので数千円、高いものなら数十万のものまである。

高いものは実、と呼ばれる系のもので、これらはもはや値段に上限はないと言ってよいくらいだが、実際には、スコープに限らず、銃関連のものは法律の規制などがあり手に入れる際には気を付けなければいけない。

サバゲーで使用するには数円円のスコープでも十分使えるが、高いものはそれなりに様々な機能や、精度の高さがある。

赤外線搭載のスコープ

SIGHTRON PULSAR 赤外線暗視ライフルスコープ SENTINEL GS 2×50。
ベラルーシ製の軍事用レベル赤外線暗視スコープ

このあたりは10万円以上するスコープだ。

中には100m以上先まではっきり見えるものもあるが、そもそもBB弾はそんなに飛ばない。

そこはまさに自己満足の世界なのだ。

プレキャリの価格帯

サバゲーで使用するプレートキャリアやタクティカルベスト、これまた数千円から十万円を超えるようなものもある。

FirstSpear(ファーストスピアー) Strandhogg SAPI Cut Plate Carrier(ストランドホッグSAPIプレートキャリア) マルチカム

これは7万円以上する。

プレキャリに関しては実際に使用したときに金額が高いからここが違う、というのはあまりない。

価格帯が上がるのはミルスペック

ミルスペック、つまり軍の正式採用となったアイテム。

サバゲー装備関連(武器関連)の他にも、当サイトでも紹介した時計、自転車など様々ある。

これは勘違いしないでいただきたいのだが、

軍が公式採用したから高い

のではなく、軍が公式採用するほど性能、つまりは機能性、耐久性などが高いから自然と価格帯も高くなるというものだ。

つまり、高いだけの価値がそこにあるということである。

さて、これをお読みのサバゲーマーさんたちはどこまでこわわるのであろうか?

米軍、正式採用の自転車はこちらで紹介している

軍用自転車が人気のワケ。アメリカ、スイスの自転車がすごい
自転車を通販で買おう、人気自転車のまとめ 自転車と言えば思い浮かべる自転車はどんな形だろう? クロスバイク マウンテンバイク ロード...
The following two tabs change content below.
バレットおやじ のプロフィール写真

バレットおやじ

さばこみ編集局のバレットおやじです。友達がいなく、人からはローンサバイバーと呼ばれています。