偶々、弾の話・・・

かつてはエクセル1択だったバイオ弾も、最近は輸入物でも様々なメーカーのがあってしかも値段も色々、結局「安くて精度のいいのはどれだ?」ってのが目下の悩みではある。

まあ、基本的にだいたい値段≒精度、なんだけど、限りある軍事費の振り分けでもあり、またもしかしたらの1発当たりが気になったりというのもあり、安めで見たことが無い弾があると結構手を出しちゃう。

とはいえ、店舗での調達がメインだし、しかもお買い物イベント行ったら大袋で2-3袋買っちゃうので、セミオートしか撃たない我輩としてはかなーりもつことになる。

まあ、セミオートメインなので精度は非常に大事ではあるのだが、毎回毎回ワンショットワンキルのヘッドショットばかりかましている訳ではない。
友軍を前に出すために援護射撃もすれば、わざと引き付けるために発射音を聞かせるための威嚇射撃もする。
バリケードだらけの戦場では意図的にバリケードに当てて敵の頭を引っ込めさせるなんてこともやるから、本当に狙って撃つのは発射弾数の何割かでしかない。

そんなこんなもあるので、戦場に合せて弾を使い分けたりもする。
上記の様な直接ヒットに結びつかない射撃が多めになるフィールド(これはもう、地形と集まるゲーマーの質から事前に予想がつく)では、精度が期待値以下の弾とかとにかく安くて量のある弾を投入。

かなり質の高いゲーマーの来るフィールドとか、じっくり自分の戦いができるフィールドだと高くても良い弾、という使い分けになる。

まあそんなこんなで常時2-3種の弾を使い分けているのだが、さてどれがいい、となると難しいね。
予算が潤沢なら常に「高価だが精度の良い弾」なのだが、予算抑えて良い弾となるとなかなか安定しない。

金型・ロットの関係も大きいみたいだけど、前に買って良かったからと次に買ったらイマイチだったり、というのは結構ある。有名どころの弾でもある。

とことん追求するなら良いロット見つけたら箱買いとかになるんだろうな。でも保存期限という問題もあってね。
そんなこんなで、ある程度は生鮮食料品的な要素もあるのは仕方ないと思っている。

最近でいうと、安弾の代名詞的な某弾が、使ってみたらそんなに悪くなかったとか(聞くところによると、生産地が中国から台湾に移ったとか・・・)なんてのがあったり、じゃあ中国製は低品質で日本のメーカー製は高品質かというと国産エアガンメーカー名で出ているのが実は製造は中国や台湾なんてのもあった。

まあ精度自体も、弾の金型や研磨もあるが厚いコーティングで最終的に調整しちゃうというメーカーもあったりして、結局のところ「自分の銃・自分の射撃スタイルとの相性」で「狙ったとおりに飛ぶ」という観点から選ぶしかないと思う。

ネットで他人のレビュー拾ってそれだけで判断しようとすると、必ずしも当たるとは限らないよ。
(これ、良い評価も悪い評価も両方実体験している)

特にネット通販系のレビューはかなりアヤしいの多いね。

「この弾使ってそんなにヒドイ訳ないだろ?テメーの鉄砲バレル掃除してないんじゃないの?」

とか

「このクズ弾でそんな精度あったっけ?グランドマスターかよ!」

なんてのを散見している。

※どっちも自分で使った経験ある弾だったから、レビューは当てにならないと思っているので念のため。

そんな訳で、実は当初自分のバイオ弾遍歴インプレッションを書こうかと思っていたのだが、それもまた誤った先入観を与える恐れがあると思い商品名を挙げることはやめた。

良い弾を使うことは精密射撃には大前提だよ。
でも、「それ以前」ができてない奴が弾のメーカーやら精度やらで大騒ぎしても無駄だからね。

きちんとした銃のホールドや、適切な清掃作業もなしに弾だけ比べたってダメ。
ましてやカスタムなんか論外。

お前が弾を見るとき、弾もまたお前の銃をみている。

んじゃまた。

人参解放軍公式HP「人参日報

お問い合わせ・入隊志願はこちらで受け付け中!(webフォーム)

The following two tabs change content below.
紅中兵 のプロフィール写真

紅中兵